1. TOP
  2. 京都で最強のパワースポット【世界遺産】下鴨神社

京都で最強のパワースポット【世界遺産】下鴨神社

 2017/02/05 パワースポット 世界遺産 京都観光 左京区 平安時代 神社・仏閣
この記事は約 9 分で読めます。 495 Views

京都市左京区にある「下鴨神社」は、正式には『賀茂御祖神社』といいます。
1994年にユネスコの世界文化遺産に登録され、京都三大祭の一つ『葵祭』が行われることでも有名です。
下鴨神社の歴史は平安時代以前まで遡るとされていて、歴史ある京都の中でも特に古い神社です。
境内には、京都市内で唯一の原生林「糺の森」や鏡絵馬で有名な「河合神社」、縁結びの神「相生社」などパワースポットがたくさん!

そんな京都最強のパワースポット「下鴨神社」をご紹介します。

 

Sponsored Link

国家の守護神、婦道の守護神として太古の昔から愛されてきた神社

 

京都の中心を流れる鴨川。

この鴨川は、京都御所の東側で「賀茂川」と「高野川」が合流して「鴨川」へと名前が変わります。
その合流地点にできた三角(デルタ)地帯に鎮座するのが『下鴨神社』です。
正式には『賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)』といいます。
地元では、鴨(賀茂)川の下流にまつられているお社ということから、「下鴨(しもがも)さん」や「下鴨(しもがも)神社」と親しまれてきました。

境内は、東京ドーム約3個分の面積(12万4000平方メートル)がある「糺(ただす)の森」に囲まれています。
この糺の森は、平安時代以前の植生をとどめる原生林で、源氏物語にも登場します。
糺の森は、ただその場に立っているだけで癒される、癒しのエネルギーを持ったパワースポットです。

2015年には21年に1度の式年遷宮が行われ、社殿と神宝が調え直されています。

ご祭神

【西本殿】 賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)

古代の京都を開かれた神さまで、京都の守護神としてまつられています。
平安京の造営にあたり下鴨神社で造営祈願が行われたことから、国民の平安を祈願する神社としても信仰されてきまいた。
金鵄(きんし)や八咫烏(やたがらす)は賀茂建角身命の化身といわれています。

【東本殿】 玉依媛命(たまよりひめのみこと)

鴨川で禊(みそぎ)をしていた玉依媛命が、上流から流れてきた丹塗の矢を拾い、床に置かれたところ、矢が美しい男神になられ結婚し、懐妊されたという神話が伝えられています。
このことから、縁結や子育て、安産の神様として信仰されています。

ご神徳

賀茂建角身命

世界平和、五穀豊穣、殖産興業、身体病難解除(農耕を広め生活の安定に努めたことから)
導きの神、勝利の神、方除、厄除け、入学・就学試験などの合格、交通・旅行・操業の安全
(金鵄八咫烏としての功績から)

玉依媛命

縁結び、安産、育児(婦道の守護神、水を司る神として)

みたらし団子に縁結び、古代の森とてんこ盛り

女性は「右回り」、男性は「左回り」 良縁を結ぶ特別な作法

下鴨神社といえば、立派な楼門そばに鎮座する「縁結びの神 相生社(あいおいのやしろ)」。
御祭神である「産霊神(むすびのかみ)」は、古くから縁結びの神、結納の守護神として信仰されてきました。
めでたいことを「相生(あいおい)」と呼ぶのはこの社から始まったそうです。

相生社の左にあるのが、京の七不思議のひとつ「連理の賢木(れんりのさかき)」
2本の木が途中から1本に結ばれています。
これは、隣にある「相生社」の縁結びの力だといわれています。

しかも、今ある「連理の賢木」はなんと4代目!
この木が枯れると、糺の森内に同じように結ばれた木が見つかるというので驚きです。
1度ならず4度も生まれるなんて不思議です。

「相生社」の縁結びは間違いなく本物です。

そのご利益を得るための作法をご紹介します。

①相生社の隣にある授与所受付で絵馬の初穂料500円を納め、願い事を書きましょう。
②絵馬についている紅白の紐を「良縁を招き縁を結ぶ」と願いを込めて結びます。
③相生社の正面に立ち、女性は右回り、男性は左回りで、お社のまわりを2周回ります。
④3週目の途中で、「絵馬掛け」に絵馬を奉納します。
⑤お社の正面に戻り、二礼二拍手一礼の作法でお参りします。
⑥最後に、「連理の賢木」の正面から御生曳(みあれびき)の紐を2回引いてお参りしましょう。

ご家族や友人の代わりに奉納する方も多いようです。
その際は、自分の名前ではなく、その人の名前を書いてくださいね。

みたらし団子発祥の池で水みくじ

御手洗池では、「水みくじ」ができます。
御手洗池は、京都の三大祭「葵祭」の際、斎王代による禊の儀が行われる神聖な池です。
また、土用の丑の日浮き出した泡を形どったのが「みたらし団子」というちょっと変わった池でもあります。

自分の守護神に ご挨拶

御本殿の御門の内側には、

子歳生の守護神「大国主神(おおくにぬしのかみ)」
丑・亥歳生の守護神「大物主神(おおものぬしのかみ)」
寅・戌歳生の守護神「大己貴神(おおなむちのかみ)」
卯・酉歳生の守護神「志固男神(しこおのかみ)」
辰・申歳生の守護神「八千矛神(やちほこのかみ)」
巳・未歳生の守護神「大国魂神(おおくにたまのかみ)」
午歳生の守護神「顕国魂神(うつしくにたまのかみ)」

の7社の干支の社「言社(ことしゃ)」が祀られています。
生まれ歳の守護神としてはもちろん、商売繁盛や事業繁栄の神様としても有名です。

橋殿(はしでん)の巨大絵馬

尾形光琳の梅図屏風

江戸時代の画家「尾形光琳」晩年の作、国宝「紅白梅図屏風」のモデルとなった梅です。

さざれ石

『君が代は 千代に八千代に さざれ石の いわおとなりて こけのむすまで』
「古今和歌集」に詠まれ「君が代」にうたわれた「さざれ石」です。
小さな石が集まり、一つの大きな岩となっています。
さざれ石とは、本来小さな石(細石)のことですが、古くから年とともに成長し岩となる、神霊の宿る石と信じられてきました。

君が代の由来となったといわれる「さざれ石」は、岐阜県揖斐川町春日にあるそうです。

鴨社資料館「秀穂舎」

「秀穂舎」は、下鴨神社の資料館として平成28年10月に開館しました。
この資料館ではこれまでに「没後800年鴨長明資料展」や「代34回式年遷宮奉納品展」が開催されています。

場所

京都市左京区下鴨宮河町55-3 下鴨神社一の鳥居北

開館時間

午前10時から午後4時(入館は午後3時30分まで)

入場料

500円(中学生以下無料)

文化財

東本殿、西本殿が国宝、三井神社(みついじんじゃ)、御手洗社(みたらしのやしろ)、舞殿(まいどの)、橋殿(はしどの)、神服殿(しんぷくでん)、細殿(ほそどの)、楼門(ろうもん)など計31棟が国の重要文化財、17棟が重要文化財の附(つけたり)の指定となっています。

施設情報

施設名

賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)

別名:下鴨神社

住所

京都市左京区下鴨泉川町59

電話番号

075-781-0010

営業時間

御祈祷受付:午前9時~午後4時

開門時間
・   3月   1日~  5月15日 午前6時00分
・   5月16日~   8月15日 午前5時30分
・   8月16日~10月15日 午前6時00分
・10月16日~   2月     末 午前6時30分
閉門時間
・   3月   1日~  9月30日 午後6時00分
・10月   1日~10月15日 午後5時30分
・10月16日~12月31日 午後5時00分
・   1月   1日~   2月     末 午後5時30分

定休日

年中無休

入場料

参拝自由
鴨社資料館秀穂舎:500円

クーポン・割引

所要時間

90分

施設設備

電源    なし

無料Wi-Fi   なし

トイレ

西駐車場内
糺の森内

アクセス

【バス】

京都市営バス
・京都駅前 A2のりば(4系統/205系統) ⇒ 下鴨神社前 北向き 所要時間目安 30分 運賃230円
・北大路バスターミナル Cのりば(1系統/205系統) ⇒ 下鴨神社前 南向き 所要時間目安 10分 運賃230円

【電車】

・JR京都駅⇒地下鉄烏丸線:京都駅~北大路駅⇒京都市バス:北大路バスターミナルCのりば(1系統/205系統)~下鴨神社前
・JR京都駅⇒JR奈良線:京都駅~東福寺駅⇒京阪:東福寺駅~出町柳駅⇒徒歩
・阪急:河原町駅⇒京阪:祇園四条駅~出町柳駅⇒徒歩

【車】

・京都東IC⇒三条通を道なり⇒三条河原町通交差点を右折し河原町通を北上⇒葵橋を渡り4つ目の信号を右折
・京都南IC⇒国道1号を北上し堀川通へ⇒堀川五条を右折⇒河原町五条を左折⇒葵橋を渡り4つ目の信号を右折

【駐車場】

有料

【地図】

ストリートビューで見る

お祭り・行事

1月   4日 ≪けまり始め≫貴族の装束をまとって鹿皮の白い鞠を蹴りあう古式ゆかしい蹴鞠の奉納(自由参観)
2月 節分 ≪節分祭≫豆まき・御神木神事など
3月   3日 ≪ひな流し≫子どもたちの無病息災を祈り、みたらし川でひなを流す
5月   3日 ≪流鏑馬神事≫全国で唯一の公家流流鏑馬、糺の森で行われる
4日 ≪斎王代禊の儀≫斎王大がみたらし池に手を浸し清める(上賀茂神社と隔年で開催)
5日 ≪歩射神事≫葵祭の前儀として行われる祓の弓神事
12日 ≪御蔭祭・東游≫日本最古の神幸列 糺の森で東游が舞われる
15日 ≪賀茂(葵)祭≫京の三大祭りの一つ(特別拝観)
7月土用丑日≪みたらし祭≫みたらし池に足を浸し無病息災を祈願する(足つけ神事)
中秋名月 ≪名月管弦祭≫月を眺めながらの舞楽やお琴の演奏(参拝自由)

お客様の声・口コミ

まとめ

京都には珍しく外国人参拝客が少ない神社です。
ちりめんで作られたお守りや縁結びの「相生社」、女性守護の「河合神社」の美人水と、女性向けのスポットが多いですが、男性、女性どちらにもご利益がある神様が祀られているので、恋人同士で訪れるのにも最適です。

詳しくはこちらのサイトもどうぞ、河合神社

参拝の後には、糺の森にある「さるや」で、申餅を食べながら「糺の森」で癒されるのもおすすめです。

詳しくはこちらのサイトもどうぞ、さるや

境内には「有頂天家族」のパネルや関連グッズなどもあり、そこで写真を撮る方も大勢いました。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

京都の情報サイトWe Love KYOTOの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

京都の情報サイトWe Love KYOTOの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

WE LOVE KYOTOの編集部です。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【京都の桜前線】1日限定100人!約50年かけて完成した日本庭園『白龍園』の桜

  • 【京都の桜前線】期間限定公開『平安郷』の枝垂れ桜

  • 【京都の桜前線】桜守『佐野藤右衛門邸』の桜

  • 織田信長最期の地 本能寺跡地

関連記事

  • 本能寺と織田信長と本能寺の変

  • 朝ドラで注目?広岡浅子ゆかりの施設「旧三井家下鴨別邸」

  • 【京都の桜前線】1日限定100人!約50年かけて完成した日本庭園『白龍園』の桜

  • 【京都の桜前線】期間限定公開『平安郷』の枝垂れ桜

  • 【織田信長に逢える】法華宗大本山 本能寺を知る11のポイント

  • 今年こそは!神様の印象を良くして、初詣の願いを叶える参拝方法